社会人としての気遣いは必須!セフレの作り方

セフレを作りたいけれどもなかなか出来ない場合、もしかしたら自分に原因があるのでは?と思う事があります。
セフレと言っても、相手は人間ですから、嫌な人や不快感を覚える人とはセフレになっても良いとは思わないものです。
多くの場合が些細な行動が原因な事がありますが、気を付けるべきNG行動にはどのようなものがあるのでしょうか。
■セックスフレンドにしたい相手の前で気を付けるべきNG行動
まず自慢話は控えるのが無難です。
その内容によっても違いがあるものの、過去のプレイの自慢や、社会人になっても喧嘩や犯罪まがいの事をしているような自慢話、武勇伝とも受け取れるような話題は控えるのが社会人と言うものです。
それに加えて男女ともにありがちなのがお酒についての自慢です。
飲める、強い話は相手に対して不安を与えますし、セックスフレンドとして酔った時にどうなるのかと不安な気持ちをあおる事になります。
さらにホテル以外で、食事の時など個室ばかりを選んだり、ボディータッチが多いと言うのも、極端な場合はあまり良い物ではありません。
■さりげない社会人としての気遣いを心がける
ぽっちゃりしている人でも美女でも熟女や人妻でも、ホテルの中でのプレイについてはもちろん、それ以外の場所でもさりげない社会人としての気遣いはあった方が良いイメージを与えます。
どんな年齢でも容姿でもこうした事がしっかりできていると信頼関係を築けるのでセックスフレンドとして認識される事も多いと言われています。
デートもしたいなと思われるようになるにはこうした社会人としての気遣いが重要です。
■セックスフレンドとして認識されるための努力は惜しまない
本気でセックスフレンドが欲しいならそれを獲得するまでの間の努力は惜しむ事はありません。
ベッドの中でもどんな場所でも社会人としての気遣いがあれば、男女の間のある程度のトラブルは回避出来ますし、成就すると言っても過言ではありません。

セフレを作る時のタブーな誘い方とは

セフレを作りたい時に出会い系サイトを利用する事が多くありますが、その時には、がっついている雰囲気を出してはいけません。
これは男女に言える事で、そういった雰囲気が相手に伝わるとどうしても引かれてしまう事が多いからです。
■出会い系サイトでセフレを作る時は明確なニュアンスはタブー
出会い系サイトのメールでついやってしまいがちなのが、意思表示を明確にしてしまう事です。
これは日本人には多いと言えますが、あまり明確なニュアンスと言うのを嫌がる傾向があります。
ではどうしたら良いのかと言うとメールの相手が自然に返事が出来るようにメールを書く事が必要です。
例えば、出会い系サイトの掲示板からメールで繋がった美女に、これからホテルでセックスしませんか、と言ったメールを送ったとします。
大抵の美女はそんなメールをもらって嬉しいわけはありません。
メールの作り方としては、質問や誘いをかける時に、美女に抵抗を感じさせないと言う事が重要です。
これから、美女に対してメールを送るとしたら、がっつかずに、今日都合が良かったら、あなたの好きな食事や好きなスイーツを食べに行きませんか、とか、あなたの時間を自分と少しだけ共有させてもらえませんか、と言ったニュアンスで送る事がおすすめです。
同じ内容のメールでも言葉が違うとこれだけの印象が違います。
男女の違いこそあっても、気分良く誘い、誘われるからこそセフレになれるとすれば、それは少しだけ言葉を上手に操ると言う攻略法なのかもしれません。
■出会い系サイトの掲示板やメールでセフレを作るなら
さまざまな条件でセフレを作りたいと思いますが、むきになったり、がっついたりしないで、メールを送って誘った相手が思わずイエスと言いたくなる、そんな言葉とニュアンスをメールに閉じ込めて送る事が大切です。
決して下心は見せない事、しつこくしない事、と言うのは言うまでもなくセフレの作り方のタブーと言えます。
セフレ 作り方
「セフレの全て.net」というサイトでは、セフレについての情報がかなり多く掲載されています。
当サイトをご覧になった後、そちらを見てみると更に知識を得ることが出来ると思いますので是非ご覧になってみてください。